川崎で金買取・査定・見積もりをお考えなら鶴吉質店~金の種類と純度~

一口に「金買取」といっても、金の種類や純度によって買取価格が異なります。こちらでは、金買取を依頼する前に知っておきたい金の種類と純度について解説いたします。川崎周辺で金・貴金属買取のお店をお探しでしたら、ぜひ鶴吉質店をご利用ください。

金買取を依頼する前に知っておきたい金の種類

金買取を依頼する前に知っておきたい金の種類

純金に銀や銅、パラジウムなどの金属を混ぜた合金がカラーゴールドです。純金のままだと柔らかく傷が入りやすいのですが、他の金属を混ぜることで硬度が高くなります。また、カラーバリエーションも増えるのも特徴です。

イエローゴールド

黄みのあるイエローゴールドは男性に人気です。純金に最も近いカラーゴールドで、K18やK14を使っているため高値買取が期待できます。

ピンクゴールド

女性らしさが演出できるピンクゴールドは、買取市場でも需要が高く高額買取が期待できます。しかし、保管環境によっては成分が変化して変色してしまうこともあるため、売却を検討しているなら早めがおすすめです。

ホワイトゴールド

老若男女を問わず幅広い世代に人気のホワイトゴールドは、日本人の肌に合う色です。多くのホワイトゴールド製品はメッキ加工されていますが、高い技術によってはがれにくくなっていてプラチナと間違われるほどです。

プラチナ

純度の高い天然のホワイトカラーであるプラチナは、金の純度が高く変色の心配がありません。金属アレルギーも起きにくい金属です。販売価格はホワイトゴールドと比較すると倍ほどになるため、最も高額買取が期待できます。

純度について

純度について

様々な場所で利用されている金は、純度によって価値が決まります。しかし、純金のままでは柔らかく加工しづらいため、その他の金属を混ぜたK18やK14などが存在するのです。「K」はカラット(Karat)の略で金の純度を示しています。

K24

銀や銅などの金属を混ぜていない純金がK24です。日本では純度99.99%以上の金をK24としています。変色や腐食はしにくいですが、金属としては柔らかいため加工を施すアクセサリーには向いていません。

K22

K24(純金)やK18と比べると日本ではあまり馴染みのないK22は、金の含有量91.7%のものを指します。「標準金」とも呼ばれます。

K18

金の含有量が75%以上のK18は、銀や銅、パラジウムなどの金属を混ぜ合わせることでイエローゴールドやピンクゴールドなど色味を変えることができます。変色しにくいという純金の利点と、耐久性のあるその他の金属の利点を兼ね備えている金です。

K10

金の含有量が42%のK10は、K18と比較するとあまり輝きは変わりませんが傷がつきにくくリーズナブルなのが特徴です。

高額の査定(見積もり)を目指すなら川崎の鶴吉質店へ

高額の査定を目指すなら、川崎にある地域密着型の質屋・鶴吉質店へお任せください。金買取を承っている鶴吉質店は、これまでK18PGのリングやK18のネックレスなど、様々な金・プラチナを高額買取した実績があります。見積もりのみ・ご相談のみも承っていますので、川崎周辺にお住まいの方もお気軽にお越しください。

川崎で金買取ができる質屋なら

会社名 株式会社 鶴吉
住所 〒210-0014 神奈川県川崎市川崎区貝塚1丁目9−6 太平マンション 1階
営業時間 10:00~19:00
定休日 月曜日
代表取締役 鶴川 暁広
TEL 044-201-4297
FAX 044-271-1213
E-MAIL info@tsuru-kichi.co.jp
取引銀行 横浜銀行、ジャパンネット銀行、ゆうちょ銀行、川崎信用金庫
URL https://tsuru-kichi.co.jp/